HOME > 展示会報告

 出展報告



第45回 ネプコン ジャパン
日 時 : 2016年1月13日 〜 15日
場 所 : 東京ビッグサイト
ブース : E57-32

 寒い中、多くのお客様に弊社ブースにお立ち寄りいただきました。
 誠にありがとうございました。

 透明化した静電チャックを使ったデモンストレーションやパーティクル補足システムを紹介させていただき、多くのお問い合わせをいただきました。
 また、卓上リフロー炉,フィルム型の静電容量センサなど、新しくご紹介させていただく製品もご覧いただきました。

 また、新しい製品をご紹介させていただけるように精進してまいります。

お問い合わせ : info@createch.co.jp




SEMICON Japan 2015
日 時 : 2015年12月16日 〜 18日
場 所 : 東京ビッグサイト
ブース : Hall 3 3121 (Front-end Process Zone)

 会期中、多くのお客様に来場いただきました。
 誠にありがとうございました。

 今回は、主力製品である静電チャックやヒーターに加えて、新しく開発した製品を展示させていただきました。
 一つは静電チャックの制御や状態モニタリング機能を加えたユニットです。これまで出来ていなかった、静電チャックが正しく把持 しているかどうかのモニタリングが可能になりました。プロセスの安定化,搬送の高速化に貢献できる技術です。

 既存製品の機能アップと新規製品の開発に今後も取り組んでまいります。

お問い合わせ : info@createch.co.jp




2015 国際ロボット展
日 時 : 2015年12月2日 〜 5日
場 所 : 東京ビッグサイト
ブース : Hall 1 IR1-02

2013年に続き出展させていただきました。
多くのお客様に、静電チャックをはじめIon Padの紹介をさせていただきました。
誠にありがとうございました。

特に、透明静電チャックを用いたロボットデモ展示では、静電チャックが発送対象をダメージ無く固定できる様子に関心をもっていただきました。
静電チャックだけではなく、バキュームチャックベルヌーイチャックに対しても展開可能である薄型静電容量センサの展示もさせていただき、多くの御引き合いを頂きました。

ロボットの可能性を追及するパーツの開発を今後も続けてまいります。

お問い合わせ : info@createch.co.jp






 製品紹介資料



静電チャック
名称 内容
ポリイミド静電チャック
製品紹介 Web版
@用途例, A特長, B把持原理, C把持力(参考値), D使用方法・注意事項, E仕様例, Fカスタマイズ仕様例(オプション)
カスタマイズ静電チャック
製品紹介 Web版
@クリエイティブテクノロジーの静電チャック, Aオプション対応例, Bカスタマイズ要素例, C使用方法・注意事項


Ion Pad
名称 内容
Ion Pad
製品紹介 Web版
@用途例, A特長, BIon Pad技術, C主な種類, D仕様例, E使用方法・注意事項, F製品例


静電容量センサ
名称 内容
フィルムタイプ静電容量センサ
製品紹介 Web版
@外観, A構成, B用途例, C参考データ, D注記事項, E特長, F仕様例
挿入型静電容量センサ
製品紹介 Web版
@用途例, A特長, B接続イメージ, C仕様, D注記事項, E特長参考データ


静電チャック制御電源
名称 内容
静電チャック制御電源
製品紹介 Web版
@外観, A主な機能, B注記事項, C主な仕様