HOME > 採用情報 > 社員紹介 研究開発部
社員紹介・研究開発部
弊社の技術を、半導体業界以外の分野に、さらに広めていきたいと思っています。

□所属:研究開発部
□勤務地:川崎R&Dセンター
□入社日:2011年
入社のきっかけを聞かせて下さい。
私は、BtoBのものづくりに関わりたいと思っていました。クリエイティブテクノロジーで作られている製品は、世界中で広く使われているということに興味を持ち応募しました。面接では、社長から直接説明を受けたのですが、その際に見た製品や技術は、テレビや携帯電話といった身近な商品を製造する際に広く使われているということを知り、とても感動しました。自分もこの会社に携わることで世界中の人に貢献したいと考え入社を決めました。
クリエイティブテクノロジーの魅力は何ですか?

入社して3か月の私ですが、製品作りやプロジェクトに携わったり、アメリカの展示会に同行して製品や技術をアピールする機会があったりと、幅広い経験ができるところが魅力です

どんな研修を行いましたか?
国内の工場や部署をまわり、どのような製品があり、どのような仕事が行われているかを学びました。生産現場を見学した際には、お客様に喜んでもらえる製品づくりの重要性を実感しました。また、静電チャックの仕組みや役割を一から教わりました。研修を受ける前、わたしにとって静電チャックは不思議BOXのような存在でした。目の前でおきていることの原理や仕組みがわからず、不思議なこととしか思えなかったのです。ですが、研修をうけていくうちに、静電チャックにはどのような原理が使われ、どのような構造で、どのように成り立っているのかがわかり、静電チャックは不思議BOXではなく、しっかりとした理論的なモノだと思えるようになりました。一通りの研修を終えた現在では、性能向上を目的とした製品を製作し、試験を行っています
今後の夢は?今後のビジョンは?

弊社の技術を、半導体業界以外の分野にさらに広めていきたいと思っています。なぜなら、静電チャックはまだまだ可能性を秘めていると感じているからです。現在は、縁の下で働く製品ですが、将来は「一家に一台静電チャック」と言われるような製品を開発するのが夢です。

新たに入社される人へのメッセージ

私たちの会社には様々な経歴をもった人がいます。同期は社会学部や理学部の出身ですし、私自身も大学時代は園芸学部に所属して薬草やトマトの研究をしていました。そのため、半導体業界にかかわる知識はほとんどなく、入社前は不安を感じていました。しかし、しっかりとした研修制度や優しい先輩方のお陰で、その不安は払拭されました。プライベートでも会社の先輩方と食事に行くなど、年齢関係なく仲良くしています。みなさんも興味をもっていただけたのなら、専攻・専門に関わらず、クリエイティブテクノロジーに飛び込んできて欲しいと思います。