接合技術

私どもにとって、接合・接着は必要不可欠な技術です。 だからこそ経験も豊富。同種異種問わず、組み合わせは無限です。

わが社で取り扱う製品は、さまざまな素材や形状の複合体です。その中には、同種異種ともに多くの接合、接着が用いられます。
このため、接合技術はわが社にとって非常に重要且つ必要不可欠であり、また経験の豊富な分野でもあります。

表面処理技術

各種接着剤サンプル


同種の素材同士はもちろんですが、異素材同士の接着・接合により、その可能性を大きく拡げます。
わが社では、各種接着剤が使用可能であるほか、真空ロウ付け、Eビーム、TIG溶接、拡散接合など用途に応じてさまざまに使い分けながら対応していきます。

社内真空炉

主な接着・接合技術
接着・接合技術 区分 特徴
各種接着剤 有機・無機系接着剤による精密接着が可能。
真空ロウ付け 接合部を溶かすことなく、ロウを溶かすことにより接合を行う技術。
(厳密にいえば、金属同士の接合の場合、母材表面が金属結合している。)
電子ビーム接合 光速近くまで加速させた電子ビームを材料に衝突させ、それにより発生する超高熱を利用して、材料の接合を行う技術。
TIG溶接 熱に強いタングステン電極と、その周囲に不活性ガスを流して溶接する技術。材料が酸化されないため,ステンレス鋼やアルミニウム合金の溶接が可能。
拡散接合 母材を密着させ、母材の融点以下の温度条件で、塑性変形をできるだけ生じない程度に加圧して、接合面に生じる原子の拡散を利用して接合する技術。